商業登記に関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

商業登記

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では商業登記に関するお悩みに対応しております。

商業登記

土地や建物等の不動産と同じく、会社(株式会社・合同会社・合資会社・合名会社・有限会社)についても、
○会社の名前
○本店住所
○資本金
○事業内容
○役員
○新株予約権
などの情報を登記して一般に公示しています。
これにより、会社の詳細を会社謄本を取得する事で誰でも確認する事が可能となっています。

〜商業登記の種類〜

■設立登記
新たに会社を立ち上げて事業を開始する際の登記です。なお、会社設立には「定款認証」が必要ですが、「電子定款認証」制度を利用することにより定款印紙代を節約する事も出来ます。

■目的変更登記
新規事業拡大のために、業務内容に変更を加えたり、拡大、追加をする際には目的変更の登記手続が必要になります。
事業内容によっては、表現方法が特定されることもあります。

■資本関係に関する登記
会社の資金調達のため、新株を発行することがあります。その他にも新株予約権など状況により様々な手段があり、登記が必要になります。

■役員変更登記
役員が変更した際には登記手続きが必要です。原則、取締役は2年・監査役は4年の任期があり、万が一登記手続きをしませんと「過料」という罰則が課せられます。

■本店移転登記
会社が移転する場合には、本店移転登記が必要です。
また、現在の本店所在地と異なる管轄法務局への本店移転の場合は、定款変更決議も必要になります。

■会社の解散
会社の解散と清算人の就任の登記は同時に行ないます。また、解散した会社は清算事務しか行なう事が出来ません。そして最後に、清算事務が全て終了した段階で、「清算結了の登記」を行ない、これにより会社の登記情報は閉鎖となります。

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 行政書士に相続業務を依...

    行政書士に相続業務を依頼するメリット
    行政書士に相続業務を依頼するメリットがあります。
  • 債務控除

    債務控除
    各相続人が取得した財産の価額から、被相続人の債務や葬式費用を控除して相続税を計算します。
  • 親会社

    親会社
    親会社とは: 株式会社を子会社とする会社その他のその株式会社の経営を支配している法人...
  • 相続

    相続
    死者が生前にもっていた財産上の権利・義務を配偶者・子などの親族が包括的に承継することです。
  • 株式譲渡制限

    株式譲渡制限
    株式譲渡制限とは: 株式の譲渡による取得について、会社の承認が必要となる組織。
  • 委員会

    委員会
    委員会とは: 主に大企業において機動的な経営と実効的な監督を可能にするために設けられ...
  • 代襲相続

    代襲相続
    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 会社設立とは

    会社設立とは
    会社設立とは、会社(法人)を設立することです。 例えば、個人事業から法人化することで...
  • 商行為

    商行為
    商行為とは: 会社(外国会社を含む)がその事業としてする行為及びその事業の為にする行...

中移行政書士事務所に寄せられる「商業登記」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

商業登記に関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
商業登記等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)