許認可申請に関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

許認可申請

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では許認可申請に関するお悩みに対応しております。

許認可申請

■許認可申請は計画性が重要
まず事業を始める前に確認しておくべきことは、役所に対する許可や届出、登録などの必要性についてです。もちろん、営業を開始するまでの間に、許可や認可などを受ければ問題はありませんが、できれば会社設立の段階から許認可等の要件を視野に入れて計画性をもって進めたほうが、スムーズに事業が開始できます。
なかには、許認可の要件として定款の事業目的に「○○事業」という記載がないといけない、といった場合もあります。このように、許認可の要件を視野に入れずに先走って会社だけ設立してしまうと、許認可申請の際に、定款を修正したり、役員を変更したりなどの業務が発生し、時間がかかるばかりか業務開始が遅れ、損害が発生する場合もあります。

■よくある許認可取得要件
多くの業種について共通する基本要件は下記の3つです。

○人的要件:例えば、宅建主任者や薬剤師などの国家資格保有者の設置義務がある場合などです。業種によっては経験年数が複数年必要な場合もあります。起業者自身が保有していない場合は、確保が大変で時間がかかる場合もあります。

○物的要件:事業を行う場所や、設備などに関する要件です。賃貸の場合も自己所有の場合も必要書類がございます。注意点としては、地域によっては営業自体を禁止されている業種もありますので、事前の確認が必須となります。

○財産的要件:つまり「お金」のことです。具体的には資本金が○○万円以上必要であるといった場合があり、銀行の残高証明書や貸借対照表などで確認されることになります。場合によっては、申請してから許可が下りるまでの間に預金残高が下回ってしまうと却下されてしまうこともあります。ので注意してください。

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続放棄

    相続放棄
    相続開始後、相続人によってなされる相続拒否の意思表示。
  • 債務控除

    債務控除
    各相続人が取得した財産の価額から、被相続人の債務や葬式費用を控除して相続税を計算します。
  • 株式移転

    株式移転
    株式移転とは: 1又2以上の株式会社がその発行済み株式の全部を新たに設立する株式会社...
  • 相続財産の破産

    相続財産の破産
    相続時に、その積極財産では相続債権者や受遺者に対する債務を完済することができないとき...
  • 共有分割

    共有分割
    各相続人の持分を決めて共有で分割する方法をいいます。
  • 相続欠格

    相続欠格
    本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。
  • 入国管理局へのビザ申請の流れ

    入国管理局へのビザ申請の流れ
    ビザの取得に当たっては、入国管理局への申請を行う必要があります。主な流れは以下の通り...
  • 遺産分割協議

    遺産分割協議
    遺産分割は、遺言がある場合はその内容に従って行い遺産を分割します。
  • 株主総会

    株主総会
    株主総会とは: 株式会社の最高意思決定機関。

中移行政書士事務所に寄せられる「許認可申請」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

許認可申請に関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
許認可申請等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)