許認可申請が必要となる業種に関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

許認可申請が必要となる業種

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では許認可申請が必要となる業種に関するお悩みに対応しております。

許認可申請が必要となる業種

許認可申請にはさまざまなものがございます。
これらの手続を行政書士は会社設立と一括で請け負う事が可能でございます。

○建設業許可申請
500万円以上の工事を請け負う場合(建築一式の場合には1500万円以上の場合)に許可が必要になります。ですが実際はこの許可を持っていないと融資が受けられなかったり、業務を受注できないことが多いため、建設関係の会社ではほぼ必ず取得をすることが一般的です。比較的許可が下りにくく、ハードルは高めになります。

○宅建業免許申請
不動産を売買したり賃貸することを業として行なう場合、いわゆる不動産屋を営業するには、宅建業の免許が必要となります。国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2種類があり、事務所の所在地によって異なってきます。また5年ごとに更新申請も必要です。

○産業廃棄物収集運搬業許可申請
事業活動によって生じた産業廃棄物のうち、一定のものを受託し収集、運搬、処分を業として行なう場合に許可が必要です。また、収集運搬業の許可は、積み込む場所の自治体と、降ろす場所の自治体それぞれで許可を受けなければなりません。

○飲食店営業許可申請
飲食店の営業を行なう際に必要な許可で、管轄する保健所に営業許可を申請します。都道府県の定める施設基準を満たしていることが必要で、これをクリアしませんと再度申請し直しとなってしまいます。

○深夜種類提供飲食店届出
深夜0時から日出までの時間に居酒屋やバーなどお酒を提供するお店を営業するには届出が必要です。また、法令で営業自体を禁止している場所や施設基準などがありますので事前の確認が必要です。また、申請にはお店の平面図や音響証明設備図などが必要となってきます。

○風俗営業許可申請
キャバクラなどの接待を行なう業種の営業に対し必要となる許可です。

○一般廃棄物処理業許可申請
一般廃棄物処理業とは、家庭系一般廃棄物と事業系一般廃棄物の収集運搬・処分に関する業務です。
一般廃棄物処理業の許可は産業廃棄物の場合とは異なり、基準を満たす能力・施設を保有していても、許可を出すかどうかは市町村の裁量にゆだねられています。新規参入の検討の際には、各市町村の許可方針をしっかりと検討することが必要です。

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 財産の名義変更

    財産の名義変更
    不動産を所有している人が亡くなり、相続割合が決定しますと、相続人に不動産の所有権が移...
  • 監査役

    監査役
    監査役とは: 取締役の職務執行や会社の会計を監査する
  • 配偶者の税額軽減

    配偶者の税額軽減
    被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が、次の金額のどちら...
  • 公開会社

    公開会社
    公開会社とは: その発行する全部又は一部の株式の内容として譲渡によるその株式の取得に...
  • 相続人

    相続人
    被相続人の財産上の権利義務を包括的に承継する者。
  • 単元株式数

    単元株式数
    単元株式数とは: 株式会社がその発行する株式について、一定の数の株式をもって株主が株...
  • 子会社

    子会社
    子会社とは: 会社がその総株主の議決権の過半数を有する株式会社その他のその会社がその...
  • 相続人の範囲

    相続人の範囲
    民法上の相続人となりうるのは、 ・配偶者 ・血族相続人 の2パターンとなります。
  • 遺産分割協議

    遺産分割協議
    遺産分割は、遺言がある場合はその内容に従って行い遺産を分割します。

中移行政書士事務所に寄せられる「許認可申請が必要となる業種」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

許認可申請が必要となる業種に関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
許認可申請が必要となる業種等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)