産業廃棄物処理業の許可に関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

産業廃棄物処理業の許可

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では産業廃棄物処理業の許可に関するお悩みに対応しております。

産業廃棄物処理業の許可

産業廃棄物の処理運搬を業として行う場合には、管轄の市町村長または都道府県知事の許可が必要です。これは、廃棄物処理法に定められていて、許可がないのに産業廃棄物の運搬を行うと、基本的には無許可営業ということになり懲役または罰金が科されるため、許可申請は不可欠です。
営業許可の基準としては、申請が許可の基準に適合していることと、申請者が欠格要件に該当しないことの二つを満たすと、申請が通って許可されます。

許可の基準としては、
①取り扱う廃棄物の性状に応じた適正な処理のできる施設を有すること
②廃棄物の収集又は運搬を的確に行うに足りる知識及び技能並びに経理的基礎を有すること
という基準があります。この基準を満たすためには、産業廃棄物協会で行われる講習会の受講と試験の合格などが必要です。

また、欠格要件については、破産者や罰金刑・禁固刑に処せられた者のうち一定の者は欠格事由に当たるようです。
なお、特例として許可がなくても廃棄物処理ができる場合があります。これは、もっぱら再生利用がされるような廃棄物の処理を行う者が対象で、市町村長または都道府県知事の指定が必要です。

このように産業廃棄物処理業の許可にはいくつかの基準があり、その基準は厳しいものになっています。また、許可を受けた後も、許可が取り消されることの内容、事業運営には十分気をつけなければなりません。
産廃処理業を営む方や、許可を検討している方は、当事務所にご相談ください。

中移行政書士事務所は町田市・相模原市をはじめとして、小田急線・JR横浜線沿線を中心とした地域の皆様にとって身近な法律のスペシャリストとして、様々な相談を承っております。初回の面談相談料は無料となっております。どんな些細なお悩みであっても、まずは気軽にご相談ください。地域の皆様のお役に立てるよう、丁寧にお話やお悩みを伺い、ひとりひとりにとってもっとも適切なサポートをさせていただきます。

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 吸収合併

    吸収合併
    吸収合併とは: 会社が他の会社と合併する場合であって、合併により消滅する会社の権利義...
  • 代襲相続

    代襲相続
    相続人が相続の開始以前に死亡・廃除・相続欠格により相続権を失った場合、その者の直系卑...
  • 取得請求権付株式

    取得請求権付株式
    譲渡制限株式とは: 株式会社がその発行する全部又は一部の株式の内容として譲渡によるそ...
  • 中小企業の事業承継

    中小企業の事業承継
    経営を後継者へと引き継いでいく事業承継は日本経済、とくに中小企業にとって喫緊の課題と...
  • 会計監査人

    会計監査人
    会計監査人とは: 主に大企業において計算書類等の監査を行う機関で、公認会計士又は監査...
  • 労働者派遣業(人材派遣...

    労働者派遣業(人材派遣業)開始における許可申請の流れ
    労働者派遣業(人材派遣業)とは、自己が雇用している労働者を、その雇用関係を維持したま...
  • 相続放棄

    相続放棄
    相続開始後、相続人によってなされる相続拒否の意思表示。
  • 監査役会

    監査役会
    監査役会とは: 3人以上の監査役(うち半数以上は社外監査役)で構成され、監査方針の決...
  • 遺言書の作成について

    遺言書の作成について
    遺言書は、将来の遺産相続手続を円滑かつ円満に終えるために非常に重要な役割を担っており...

中移行政書士事務所に寄せられる「産業廃棄物処理業の許可」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

産業廃棄物処理業の許可に関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
産業廃棄物処理業の許可等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)