遺言書の作成についてに関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

遺言書の作成について

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では遺言書の作成についてに関するお悩みに対応しております。

遺言書の作成について

遺言書は、将来の遺産相続手続を円滑かつ円満に終えるために非常に重要な役割を担っており、相続の事前対策として、欠かすことの出来ない大切なものといえます。さらに、遺言書の内容は、原則として法律で定められた相続割合よりも、優先されることになりますので、被相続人の生前の意思を残すうえで、とても有効な手段となります(ただし、遺留分という制限があります)。
まず相続が発生した際は、遺言書があるかどうかを確認し、所在が分らないときには、金庫や保管庫など及び遺品の中を捜索します。また、公正証書遺言が残されている場合には、最寄りの公証役場に確認することにより、公正証書遺言の存在を検索してくれます。

【遺言書の種類】
遺言には、その様式の違いから3つに分類されます。

1.公正証書遺言
遺言者が公証人に遺言内容を伝え、公証人が公正証書として作成する遺言です。もっとも、証拠力が高く、遺言執行上、一番確実な遺言方法といえます。

2.自筆証書遺言
遺言者が自筆で作成した遺言書のことをいいます。自分自身で書くだけですので,費用もかからず,いつでも書けるというメリットがある反面、ワープロでの作成は無効となったり、遺言内容が複雑な場合は、不備等により効力を発揮できないケースもあります。また、印鑑を押す必要もあります。(実印以外でも可能)

3.秘密証書遺言
遺言書の内容を他人に秘密にしたままの状態で、遺言書が間違いなく遺言者本人のものであることを証明できる遺言方法。ですが、公証人が、その遺言書の内容を事前に確認することができないため,内容に法律的な不備があれば効力を発揮できないケースもあります。

【特に下記の場合は遺言書の作成が重要です】
○内縁の夫婦間の場合
○農業など、個人事業を行っている場合
○相続人以外(知人等)に財産を与えたい場合
○相続財産が高額であったり、不動産を含んでいる場合
○相続人の人数(兄弟など)が多い場合
○子供や親がいない場合

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 種類株式発行会社

    種類株式発行会社
    種類株式発行会社とは: 剰余金の配当その他の会社法108条1項各号に掲げる事項につい...
  • 会計監査人

    会計監査人
    会計監査人とは: 主に大企業において計算書類等の監査を行う機関で、公認会計士又は監査...
  • 指定分割

    指定分割
    遺言で分割方法が指定されているか、または分割方法を定めることを第三者に委託することが...
  • 債務控除

    債務控除
    各相続人が取得した財産の価額から、被相続人の債務や葬式費用を控除して相続税を計算します。
  • 監査役会

    監査役会
    監査役会とは: 3人以上の監査役(うち半数以上は社外監査役)で構成され、監査方針の決...
  • 株主有限責任の原則

    株主有限責任の原則
    株主有限責任の原則とは: 株主の責任は、その有する株式の引受価額を限度とする
  • 贈与

    贈与
    当事者の一方が無償で自己の財産を相手方に与える意思を表示し、相手方がこれを受諾するこ...
  • 限定承認

    限定承認
    相続により承継する債務が、相続で得る財産より多い(負債超過)ときには、その財産で弁済...
  • 遺留分

    遺留分
    遺言にかかわらず、一定の相続人が遺産を受けることを保証するために、法律上留保されてい...

中移行政書士事務所に寄せられる「遺言書の作成について」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

遺言書の作成についてに関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
遺言書の作成について等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)