相続人の範囲に関するご相談は中移行政書士事務所(町田市/相模原)。

電話番号 : 042 - 812 - 8047

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝

電話メール相談料:基本的には面談にて伺います

面談相談料:初回無料、それ以降は個別に金額を提示

お問い合わせ

◆身近な法律のスペシャリストとして、地域の皆様の幅広いご相談に対応いたしております。
◆小田急線・JR横浜線沿線からアクセスしやすい場所にございます。

相続人の範囲

中移行政書士事務所(町田市/相模原)では相続人の範囲に関するお悩みに対応しております。

相続人の範囲

■相続人の範囲

民法上の相続人となりうるのは、

・配偶者
・血族相続人

の2パターンとなります。

■配偶者

被相続人の配偶者は常に相続人になります(民法890条)。血族相続人の有無にかかわらず相続人になります。
この配偶者とは、法律婚をしているものを指します。
内縁関係に有るものについては、相続人となりません。

■血族相続人

以下に挙げる人が血族相続人です。
血族相続人のうち、相続開始時に生存する最も先の順位の人が相続人となります。

第1順位:子

子がいる場合も、配偶者と同様に常に相続人になります。(民法887条1項)
子は、実子・養子、嫡出子・非嫡出子、胎児かそうでないか、のいずれかにも関係なく相続人となります。

第2順位:直系尊属

被相続人の子がいない場合は、直系尊属が相続人となります(民法889条1項1号)
直系尊属とは、父母、祖父母等です。父方・母方を問わず相続人となります。

より近い親等の直系尊属が1人でもいれば、それより遠い親等の人は相続人になれません。
例えば、父母と祖父母のように、直系尊属が複数いる場合は、被相続人と親族が近い直系尊属である父母の二人が相続人となります。

なお、協議離婚をする際に、合意によりその一方を親権者と定めた場合、他の一方の親権は喪失しますが、親としての固有の権利・義務は影響を受けないため、相続権は存続します。

第3順位:兄弟姉妹

被相続人に子も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹が相続人となります。(民法889条1項2号)
被相続人が養子縁組をしている場合、養親の実子、養子とともに兄弟姉妹として相続人となります。(特別養子縁組の場合、実方の兄弟姉妹を除く)
また、父母両方を同じくする兄弟姉妹であっても、父母のいずれか一方を同じくする兄弟姉妹であっても、相続人となります。

中移行政書士事務所は、町田市・相模原を中心にで、遺言書作成、遺産分割、相続財産調査、相続放棄、各種名義変更など、様々な相続問題全般について、初回無料の法務相談を承っております。
相続問題についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

中移行政書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続に関するこんなお悩...

    相続に関するこんなお悩みはございませんか?
    相続をするにあたっては、様々なお悩みを感じたりやトラブルを抱えることがあります。
  • 相続登記

    相続登記
    相続を原因とする所有権移転登記。登記手続においては、遺産分割による所有権取得登記は、...
  • 尊属

    尊属
    親等の上で、基準となる人より先の世代の血族。
  • 単純相続

    単純相続
    被相続人の権利義務を無限に承継する方法をいいます。
  • 相続法

    相続法
    実質的意味の相続法は、相続に関する法律関係を規制する法規全体を指す。
  • 商行為

    商行為
    商行為とは: 会社(外国会社を含む)がその事業としてする行為及びその事業の為にする行...
  • 遺言書作成でお困りの方...

    遺言書作成でお困りの方は中移行政書士事務所へご相談ください
    遺言書を作成するには、①遺産を調査し、②遺言内容(財産の分配)を確定した上で、③有効...
  • 会社設立とは

    会社設立とは
    会社設立とは、会社(法人)を設立することです。 例えば、個人事業から法人化することで...
  • 特例有限会社

    特例有限会社
    特例有限会社とは: 2006年5月1日の会社法施行により、『有限会社』が廃止になりました。

中移行政書士事務所に寄せられる「相続人の範囲」関連の法律トラブル・ご相談事例

内容証明

相続人の範囲に関するお悩みに対応しております。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)
相続人の範囲等の相続相談はお任せください。|中移行政書士事務所(町田市/相模原)